Calender

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>

Archives

Recent Entries

w closet×JUGEM

-

人生の修行

  

                 苦しいことも

                    あるだろう

 

                 言いたいことも

                   あるだろう

 

                 不満のことも

                   あるだろう

 

                  腹のたつことも

                   あるだろう

 

                  泣きたいことも

                   あるだろう

 

                  これらをじっと

                   こらえてゆくのが

                     人生の修行である

 

   この詩は

         「とんかつ」を食べにいったとき、

              湯飲みに刻まれていたものである

 

何気ないことであるが

 普段生活の中で

  いろいろな事に出くわし

   つい愚痴として出てしまう

 

話した本人は口から出たことで

  ストレスは発散されるだろう

 

しかし聞かされた方は

  身に覚えのないことで

    後味の悪いストレスになる

 

ある時、こんな話を聞いた。

 「私は新聞やテレビは見ない

    特にニュースは見ない

  それは楽しいニュースならば良いが

   大半は殺人や事故など暗いもので

    聞くと気持ちがネガティブになる

       だから聞かない」と。

 

その人の価値観だから、いいとしよう。

 

しかしながら

  みんなが同じ方向を向いて

    楽しく話をしているときに

  突然、そのような話をされると

    場がしらけてしまう。

 

周りの雰囲気を読まずして

  その場を壊す、

    コミュニケーションの取れない

      自己中心的で

    相手を傷つけてもなんとも思わない

      なんと悲しい愚かな人であろう

 

 

   良でヒプノセラピーを受けるには

      「ウォリーズエイド萩原」へ。 

   

 

 

 

 

  • 2018.09.09 Sunday
  • 12:12

-

秋バテ!

 

夏バテじゃないの。

 

  という声も聞こえてきそうな「秋バテ」とは、

 

 

今年は例年にない猛暑を超えた酷暑、

 

  クーラーに入った室内で過ごしましょう

 

  水分をコマメに取りましょう

 

    と、あらゆるところで耳にしましたよね。

 

  9月になって秋雨前線や台風の到来で

 

     朝晩は気温が下がってきましたよね。

 

秋バテとは

 

  暑さが一段落して

 

    過ごしやすくなる秋口に、

 

  身体のだるさや疲労感・食欲不振などの

 

    不調が現れることなんですよ。

 

夏場に冷たいものをとりすぎて

 

  胃腸の機能が低下し、

 

   前身の冷えにつながり、

 

     血のめぐりが悪くなる

 

         内臓冷え

 

夏場に冷房の効いた室内で

 

  長時間過ごしたことによる、

 

    自律神経のバランスの乱れからの

 

         冷房冷え

 

これらが原因なんですね。

 

  寝る2時間ほど前に

 

    38〜40度のぬるま湯に

 

      ゆっくりつかることで

 

        疲労回復になるんですって。

 

 

 

    奈良でヒプノセラピーを受けるには

      「ウォリーズエイド萩原」へ。

  • 2018.09.08 Saturday
  • 20:01

-

催眠療法は誰でも受けられるの?

 

先日次のような電話を受けました。

 

 「息子がテレビで

 

    催眠療法を見て

 

  受けた人が

 

    最初は暗い顔をしてたのに

 

     晴れたように明るくなっていたそうです。

 

  僕も受けたら

 

     良くなるんだろうか。

 

       受けてみたいなって」

 

よくよく話を聞いてみると

 

  お子さんは発達障害とかで

 

    セラピストの言っていることを

 

       あまり理解できないとのことでした。

 

 

お気持ちに寄り添ってあげたかったのですが、

 

   残念ながらお断りしました。

 

    と言うより、断るしかありませんでした。

 

催眠療法は

 

  セラピストの指示(暗示)に従って

 

    イメージを膨らませて

 

       セラピストとお話をしていくものです。

 

  その過程において

 

     原因を探っていくものなのですから。

 

例えば、

 

 セラピストが「あなたはボートに乗っています」

 

   と言われた時に「ボート」て何だろう? 

 

     言葉を理解できなかったり、

 

     動物等を想像されては

 

 クライアントとセラピストが

 

                        同じ方向を向いてないからです。

 

 

 

 

     奈良でヒプノセラピーを受けるには

       「ウォリーズエイド萩原」へ。

 

 

 

   

 

 

   

  • 2018.09.07 Friday
  • 22:53