Calender

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

Archives

Recent Entries

w closet×JUGEM

-

ヒプノセラピーとは・・・?

 

ヒプノセラピーとは何ですか?

 

       ???・・・・

 

    という方が多くおられます。

 

ヒプノとは、「催眠」のことです。

 

セラピーとは「治療」のことです。

 

  ですから「催眠治療」なのです。

 

 

「催眠」と聞いただけで、

 

  何か恐ろしいことに巻き込まれるのでは? とか、

 

  夢のような現実でない世界にいけるのでは?

 

     と思われる方も沢山おられます。

 

でも一切そのようなことはありません。

 

 

目を閉じて想像してみてください。

 

 今あんたの左手の上にレモンがあります。

 

 右手にはナイフを持っています。

 

 そのナイフでレモンを真二つに切ってください。

 

 とても酸っぱそうな果汁が滴り落ちています。

 

 そのレモンを思い切りかじってみてください。

 

いかがですか?

 

 口の中に唾液がいっぱい出てきませんでいたか?

 

実際にはレモンはありません。

 

 ですが、イメージする音で生唾が出ています。

 

  そうなんです。

 

 催眠はセラピストの暗示にしたがって

 

           イメージしていくのです。

 

 

 

催眠はリラックスした状態で

 

   目覚めた後でも、

 

    言われたこと全てを覚えています。

 

 

朝、目覚めた時まだ眠たいなーと、

 

 何か頭がボンヤリしているときの状態に似ています。

 

 

あなたがイメージしている「催眠」は

 

  テレビなどで見ている「催眠術」ショーなのです。

 

 

もしあなたが催眠にかけられ、

 

 「あなたはこれから銀行に強盗に行きます」

 

  と言われたとしても、

 

   すぐさま催眠から覚醒してしまいます。

 

言われたことに対して

 

   大丈夫か否かを判断できるのです。

 

  催眠にかかっても決して嫌なことはしません。

 

  また目覚めた後、自然に覚醒するものなのです。

 

 

ただ催眠術と催眠療法の違いは何か。

 

  催眠術は見せるものですので、

 

    いかに催眠術者の言いなりにできるかです。

 

 

しかしながら

 

 催眠療法はセラピスト(催眠をかける方)と

 

  クライアント(催眠をかけられる方)が

 

    同じ方向を向いて

 

     一緒に行わなければいけないのです。

 

 

クライアントは悩みを解消したい、

 

  セラピストは

 

    クライアントの悩みを治してあげたい、

 

そういった思いが通じ合うことで

 

   悩みが解消し治癒に向かわせていくのです。

 

 

 

 

   奈良県でヒプノセラピーを受けるには

     「ウォリーズエイド萩原」へ。

 

 

 

 

 

 

 

 

      

 

  • 2018.09.16 Sunday
  • 19:24

-

心理的虐待とは・・・・

 

虐待と聞けば

 

 身体的虐待や性的虐待を想像する

 

それらは心理的虐待とどう違うのか

 

 悪いものと思うかもしれない

 

  虐待に「良し悪し」などない

 

過去に虐待されて育った人は

 

 何が正常なのかがわからないのである

 

「虐待的な過去」と「虐待的な現在」を

 

    比べても大差がないからである

 

 

人間関係において

 

  自分の価値を一貫して否定され続けて

 

      おれば、それは「虐待」なのである。

 

 

私たちは誰でも自分を愛し、

 

  支え、成長させてくれる人との関係を

 

       必要としているからである。

 

 

 

    奈良でヒプノセラピーを受けるには

      「ウォリーズエイド萩原」へ。

 

  • 2018.09.14 Friday
  • 22:00

-

小さな車と大きな車でのスピード感」

 

車を車検に出した

 

 それで代車を用意してもらった

 

  乗り心地は

 

   どんなに褒めても

 

    決して良いとは言えない車である

 

 アクセルを踏んでもスピードは出ない

 

   たかが代車、だから代車なのだ

 

 車体が低いとスピードが出てるようで

 

   実際はあまり出てない

 

 また逆に車体が高い車は

 

   ゆっくり走っているなと思っても

 

     実際はかなりスピードが出ている

 

 そのような経験をこれまでに

 

   何回も経験してきた

 

 やはり

 

  乗り慣れない車は

 

   無茶をせず

 

     安全第一で走るのが一番だと

 

        思った次第である

 

 

 

    奈良でヒプノセラピーを受けるには

      「ウォリーズエイド萩原」へ。

  • 2018.09.12 Wednesday
  • 22:00